白髪染め

白髪染めの種類|ヘアカラーとヘアマニュキアの違いとは

白髪染めには次の5種類があります。
その違いを知り自分に合ったものを見つけてください。

1、ヘアカラー

髪の内側から染める効果があり最も持続力があります。
1剤(酸化染料+アルカリ剤)と2剤(酸化剤)を混ぜてから髪に塗る方法です。白髪染めの中でもっとも色持ちがよいものです。

強力に染まる分、それだけ強い成分が多く配合されています。ですので髪がパサついたり痛みやすいというデメリットもあります。また、皮膚につくとかぶれたり、ただれることがあるため肌に直接つかないよう注意が必要です。皮膚が弱い方は使用前に必ずパッチテストをおこないましょう。

2、ヘアマニュキア

髪を内側から染めるのではなく髪の外側に色をつける方法です。

洗うたびに少しずつ色が剥がれていきます。色もちの期間は3週間〜1ヶ月程度ですので定期的におこなう必要があります。

髪の表面にコーティングするだけですので髪自体が痛んだりパサつくこともありません。

3、ヘアクリーム

髪に手でなじませるだけでOKの白髪染め洗い流す必要もありません。

4、ヘアシャンプー

専用のシャンプーで毎日洗うだけで徐々に色が染まっていきます。髪や頭皮への負担もなく普段のシャンプーの代わりに使用するだけで良いので時間はかかりますが急いでいない方にはオススメです。

併用して白髪染めトリートメントを使うとその効果も高まります。

5、ヘアトリートメント

髪の毛をトリートメントでいたわりながら徐々に色が染まっていきます。1度ではすぐに効果は出ませんので週に2、3回使い続ける必要があります。 髪へのダメージがもっともない方法で白髪を目立たなくさせることができます。

美容室で白髪染めはいくらかかる?

美容室で白髪染めをおこなうとおよそ5千円から8千円程度(カット代込み)かかります。

白髪予防になる食べ物

白髪予防には白髪の原因であるメラニン色素を体内で作る手助けをする栄養素の摂取が効果的です。
それには次のようなものがあります。

・海藻類
・乳製品
・大豆製品
・穀類
・ナッツ類
・魚類


これらを意識して多めに摂りながらバランスの良い食生活を心がけましょう。


白髪になる原因と予防対策トップへ戻る